優良業者に依頼すれば外壁塗装を安心して任せられる

一軒家
  1. ホーム
  2. 施工前の準備と予備知識

施工前の準備と予備知識

作業員

家の周りは片づけておく

外壁塗装の業者が入る前には家の周りを片付けておきましょう。毎日作業の終了とともにペンキも持ち帰りますが、作業を行う間には材料や刷毛やローラーなどの道具を広げるスペースが必要です。外壁塗装業者によっては家人に片づけを依頼してすべて片付けてもらう業者もありますが、家人立ち合いのもと片付けをしてくれる外壁塗装業者もあります。当日の朝になって片づけをすることになると作業の開始が遅れてしまいますので、前日までにはある程度は片づけておいたほうが良いでしょう。実際の工事は、一日目に足場を作成します。二日目は高圧洗浄となり、依頼主の家の電気と水道を使用するのが一般的です。千葉では海沿いの家もあり、海側で塩害や日当たりの良さが影響して元の塗装が劣化している場合には塗装を剥離してから塗装をする必要があり、洗浄と合わせて作業が行われます。同じ千葉でも内陸部の場合には海の影響も少なく、元の塗装状態が良好なケースも多いため、そのような作業は不要となるため千葉という立地だけでは判断できない部分となります。このように洗浄と必要な場合には元の塗装の剥離が行われ、その後実際の外壁塗装に入ります。外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの三度塗りが一般的となり、下塗りは防藻材や防カビ材を含む材料を塗装していきます。中塗りと上塗りの色を同じにするなら値引きしますという業者が千葉にもいますが、中塗りと上塗りの色を変えることで三回塗りを行った証明にしている業者もありますので希望に合わせて選びましょう。工事の日数は作業できる日数にもより、晴れが続けば10日程度で完了です。